【妊娠検査薬】陽性反応の線が薄いときは?

妊娠検査薬,陽性,薄い

 

妊娠検査薬薄いが出たけど、これって陽性反応?」

 

こんな疑問を持った場合、おそらく規定の検査時期より前に検査をした方が多いのではないでしょうか。

 

妊活中だと、毎日でも検査したくなっちゃいますよね。

 

 

早い時期に妊娠検査薬を使用すると、薄い陽性の線が出ることはよくあります。

 

多くの場合が妊娠の可能性が高い陽性反応で間違いないのですが、稀に偽陽性の場合があるのです。

 

 

 

 

陽性反応の線が薄い原因は3つ!

妊娠検査薬,陽性,薄い

 

妊娠検査薬で薄い線が出た場合、考えられる原因は次の3つです。

 

検査した時期が早すぎた場合

一般に多く売られている妊娠検査薬の多くは、hCGホルモンが50mIU/ml以上になると陽性反応を示します。

 

hCGホルモンが50mIU/ml以上になるのは、生理予定日頃

 

それより前に検査をすると、分泌されているhCGホルモンの量が少ないため、陽性反応を示す線が薄くなることがあります。
(検査時期が早ければ早いほど、陽性の線は薄くなります)

 

この場合は、2〜3日あけて再検査してみましょう。

 

陽性の線が日に日に濃くなれば、正常な妊娠の可能性が高いと言えます。

 

妊娠検査薬っていつから反応するの?

 

 

尿が薄くなっている場合

妊娠検査薬を使用する前に大量の水分を摂取すると、尿が薄まりhCGホルモンが検出されにくくなることがあります。

 

規定の検査時期に妊娠検査薬を使用したにも関わらず陽性ラインが薄いとしたら、水分の摂取が関係しているかもしれません。

 

この場合、尿が薄まっていない朝一番に検査をすると良いでしょう

 

朝一番の尿は、最もhCGホルモンが濃く出ます。

 

 

hCGホルモンの量が多すぎる場合

妊娠検査薬は検出できるhCGホルモンの値の上限があります。
つまり、稀にhCGホルモンの量が多すぎると、妊娠していても陰性になることがあるのです。

 

この原因は、妊娠検査薬を使用した時期が遅すぎた、又は多胎(双子)の場合にhCGホルモンの量が基準値を超えてしまうようです。

 

妊娠5週目頃にはhCGホルモンが1000mIU/mlを超え、妊娠3ヶ月になる妊娠10週頃にピークを迎えます。

 

そのため、hCGホルモンがピークに達した妊娠10週頃に妊娠検査薬を使用したときに、陰性になる可能性があるのです。

 

 

また、双子などの多胎で胎盤が2つとなる二卵性双生児の場合は、妊娠初期の時点でhCGホルモン量が多く分泌されます。

 

一般的な妊娠検査薬の使用時期に検査しても、hCGホルモン量が多すぎるために陰性になることがあるのです。

 

 

妊娠検査薬が陰性なのに生理が来ないという時には、念のため産婦人科を受診するようにしましょう。

 

 

 

 

妊娠してなかった!偽陽性の場合とは?

妊娠検査薬,陽性,薄い

 

まれにですが、以下のように妊娠していないものの、薄い線が出ることがあります。

 

薄い線が出てきて、しばらくたつと消えた場合

尿の水分によって一時的に薄い陽性ラインが出る場合があります。
判定時間内に薄い陽性の線が消えた場合は、正常な陽性反応ではないでしょう。

 

 

蒸発線が出た場合

色もはっきりしない、ごくごく薄い線です。
光の加減によって見えるか見えないかというぐらい。
この蒸発線と呼ばれる線は、尿の水分が蒸発するときに妊娠検査薬が誤反応を示しているものです。

 

 

これらの場合、陽性か陰性かの判断がご自身で付きにくいかと思います。

 

判定結果に迷ったら、2〜3日あけて再検査をしてみてください。
(※朝一番の尿で再検査してみましょう。)

 

妊娠していて検査時期が早かったのであれば、陽性反応の線は日に日に濃くなるはずです。

 

 

 

なお、判定結果に迷うアナログ式ではなく、デジタル式の妊娠検査薬もあります。

 

妊娠検査薬,陽性,薄い

 

デジタル式のものは、値段が若干高くはなりますが、アナログ式のように判定の線が薄いこともないため、判定結果に迷う心配がありません。

 

特に、ここで紹介する「クリアブルーデジタル」は、生理予定日の4日前〜検査可能で、判定もデジタル式!

 

何本もアナログ式の妊娠検査薬を使ってしまうより、経済的かもしれませんね。

【生理予定日4日前〜】クリアブルーデジタル