着床出血ってどんなもの?

着床出血,生理,違い

 

妊娠の兆候である「着床出血」。

 

妊娠を心待ちにしている方にとって、着床出血と生理の違いって気になるものですよね。

 

そもそも着床出血とはどういうものなのでしょうか。

 

まずは基本的な知識から見ていきましょう。

 

 

 

着床出血ってどんなもの?

着床出血,生理,違い

 

受精卵が子宮に着床する際に起こる出血のことを、「着床出血」と言います。

 

着床出血を起こす妊婦さんの割合は、約50人に1人と少なく、ほとんどの方は着床出血は起こりません。

 

 

では、どういう仕組みで少数の方に出血が起きるのでしょうか。

 

受精卵は子宮に到達すると、植物の種のように根を張ります。

 

その際に子宮内膜を通る血管を傷つけることがあり、これが着床出血に繋がるのだそうです。

 

 

また、着床出血は妊娠が成立するときに起こる自然な現象ですので、出血があっても心配はいりません。

 

 

 

では、着床出血が起きた場合、どのような症状が現れるのでしょうか。

 

まず、出血の量ですが、ごく微量でおりもの程度の量です。

 

出血の色は、人によって様々で赤黒い鮮血のようなものもあれば、薄いピンク色、又は茶色など個人差が大きいようです。

 

 

 

また、出血が続く期間ですが、1〜2日程度の短期間で終わる場合が多いようです。

 

 

 

 

着床出血と生理との違いは?

着床出血,生理,違い

 

着床出血と通常の生理開始時の見分けはつきにくく、明確な判断はできません。

 

しかし、上で説明したように、出血の量や出血が続く期間などで異なる点があります。

 

最も違いがわかりやすいのは、出血が起こる時期です。

 

着床出血は、排卵日から約1週間後に、そして通常の生理は排卵日から約2週間後〜出血が起こります。

 

異なる点 着床出血 通常の生理
出血の量 おりもの程度の微量な場合が多い 2時間に1回ナプキンを変える程度
出血が続く期間 1日〜2日程度が多い 約1週間程度
基礎体温 高温期が続いている 体温が下がり低温期になる
出血の時期 排卵日から約1週間後〜 排卵日から約2週間後〜

 

いかがでしたか?

 

妊活をしていると「着床出血」という言葉はよく目にしますが、妊婦さんの約2%にしか起こらない稀な症状なんです。

 

着床出血がなくても妊娠している可能性は大いにありますので、妊娠の有無は妊娠検査薬で確認しましょう。

【最短で判定!】フライングにおすすめな妊娠検査薬は?