【妊娠初期は要注意!】葉酸の必要性

妊娠初期,葉酸

 

妊娠初期ってまだまだ自分が妊婦であるという実感が湧きにくいもの。

 

悪阻(つわり)症状もまだだし、お腹の膨らみもないし、本当に赤ちゃんは元気なの?と心配になる方も多いでしょう。

 

 

そんな赤ちゃんの成長を感じにくい妊娠初期は、実は胎児にとって最も重要な時期。

 

それは、胎児の心臓や脳など、重要な器官が形成される時期であり、外からの影響を受けやすいと言われているからなんです。

 

 

 

 

妊娠初期の葉酸の必要性

妊娠初期,葉酸

 

皆さん、「葉酸(ようさん)」ってご存知ですか?

 

初めての妊娠の場合、知らない方も多いかと思いますが、葉酸とは野菜や果物、肉類などに含まれるビタミンの一種です。

 

妊娠するまではなかなか耳にすることの少ない葉酸ですが、実は胎児に欠かせない栄養素なのです。

 

なぜ、葉酸が胎児に必要なのか、それは葉酸の働きに理由があります。

 

 

葉酸は、細胞分裂の促進や臓器の形成、そして流産の防止など妊娠に関わる重要な働きがあるのです。

 

特に、妊娠初期は胎児の脳や心臓など人間の主となる臓器が作られること、そして流産の発生率が最も高いこともあり、葉酸の積極的な摂取が奨められているのです。

 

葉酸の摂取量が少ないことで高まるリスクは、胎児奇形やダウン症、神経系の先天異常、そして流産です。

 

このような胎児へのリスクを減らすため、厚生労働省は妊娠前、及び妊娠初期の女性は1日400μg以上の摂取を奨めています。

 

 

 

どうやって葉酸を摂取すれば良いの?

妊娠初期,葉酸

 

葉酸を多く含む食材と言えば、ほうれんそうなどの葉物野菜、納豆、アスパラガス、イチゴ、ブロッコリー、うなぎなどです。

 

ただし、葉酸は熱に弱く、調理によって失われやすいという弱点があるのです。

 

熱を通して調理することで、吸収できるのは半分の50%程度と言われています。

 

 

そのため、推奨されている葉酸の摂取量400μg以上を食事から摂ろうとすると、ほうれん草で言えば4束、納豆だと7パック分も必要になるのです。

 

なかなか毎日の食事の中では摂取目安量に達するのは難しいのが現実。

 

 

 

そこでおススメしたいのが、葉酸のサプリメントです。

 

毎日の食事で野菜を積極的に摂取しつつ、不足する分をサプリメントで補うのがベスト。

 

現在葉酸のサプリメントは多く市販されていますが、胎児にダイレクトに届けられるものですので、農薬や放射能など安全性に気を付けて選ぶと良いですね。

【残留農薬&放射能検査クリア】安心100%国産の葉酸サプリ

 


 

参照元:厚生労働省「葉酸とサプリメント ‐神経管閉鎖障害のリスク低減に対する効果」