妊娠検査薬のことなら

Rいよいよ赤ちゃんと対面の瞬間!!

 

陣痛促進剤の点滴から約7時間、
陣痛促進剤の服薬からは約11時間、

 

やっと分娩台の上でいきんで良いというお許しが。

 

 

陣痛の痛みに耐え続けて汗びっしょり、
全身ボロボロで意識も遠のいていたのですが、
終わりが見えたことで一気に力が湧いてきました。

 

やっと・・やっと・・

 

この苦しみが終わる・・

 

赤ちゃんに会える・・・

 

 

もうここからは一気にお産が進んでいったような。

 

 

出産前までは赤ちゃんが出てくるときが痛みのMAXかと思っていましたが、全然違いました。

 

イキんで良いというお達しがどれほど嬉しかったか・・

 

出産の一番の辛さって、いつ終わるのかわからない陣痛の痛みに耐えているときなんですね。

 

 

 

助産師さん数人が分娩台の上を囲み、
婦長さんが私の手を握りながら

 

「陣痛の波に合わせてイキむからね〜、
は〜い、次痛みがきたらいくよ〜!!」

 

と私の目を見ながら合図を送ってくれました。

 

 

もう後は残った力を振り絞るだけ。

 

うぉーーーー!!!
と獣のような雄叫びをあげながらイキんでいました。
(・・いたそうです。主人談。)

 

 

2回イキんだところで、赤ちゃんの頭が見えてきました。

 

 

・・すると。

 

下の方で待ち構えている主治医の先生が、

 

「おっ、かなり頭がデカいね〜」

 

と。

 

 

「ちょっと会陰切開をするからね〜、
はい。」

 

 

ん??

 

頭が大きい?

 

そんなことはいいから、

 

早く出してくれ!!!

 

 

と、うわさに聞いてビビり続けていた会陰切開も難なくスルーして、
(パチンという音だけで何の痛みも感じませんでした)

 

 

そのままイキんむこと4回目、

 

よくドラマで見る光景そのままに

 

「おぎゃーーーー!!!」

 

という赤ちゃんの泣き声とともに身体中の痛みが一気に消えました。

 

 

赤ちゃんを産み落としてからというもの、
雲の上にいるようなフワフワとした感覚と達成感でいっぱいになり、
不思議なくらい幸せな気持ちになりました。

 

赤ちゃんはと言うと、
助産師さんに抱っこされたまま
「ちょっと綺麗にしてきますね〜」とそのまま処置室に連れていかれ、

 

その間、胎盤を出したり会陰の縫合やらが始まりましたが、
痛みは全くなし。

 

先生から
「頭が大きかったから、けっこう後ろまで裂けちゃったね〜」
と言われても私はハイな状態なまま、
(翌日絶叫するほどの痛みに変わります・・怖)

 

 

はぁ〜〜やっと終わった・・

 

はぁ〜〜、幸せ・・

 

 

胸いっぱいの達成感と安堵の中、
いつの間にかキレイにされた赤ちゃんが胸の上に連れてこられていました。

 

よく、赤ちゃんを目の前にして号泣、
なんて場面をテレビで見ていましたが、
私の場合魂が抜けたように呆然としながらその光景を眺めていました。

 

 

しばらくして正気に戻り、赤ちゃんの顔を見てみると、

 

「うわっ○○(主人の名前)そっくり!!」

 

 

輪郭がクレヨンしんちゃんそのもので、顔は主人そっくりの女の子でした。

 

恐るべし、DNA・・(◎_◎)

 

 

しばらくして点滴など全ての処置が終わったところで、
主人と私、そして赤ちゃんの3人の時間を設けてくれました。

 

そこでやっと赤ちゃんが産まれたという実感が湧き。

 

 

主人と2人で

 

「かわいいね〜、かわいいね〜」

 

「生まれてすぐはガッツ石松って聞いてたけど、
うちの子は白くてキレイな赤ちゃん・・」

 

などと早速親バカっぷりを発揮していました。

 

 

その日の当日は、まさにハイテンション状態が続き、
赤ちゃんが新生児室に連れていかれてからも、
ずーっと家族や友達に連絡したり出産シーンを思い返して興奮したりと
全く寝付くことができませんでした。

 

管理人しーママmemo

管理人のイラスト

私も出産時会陰切開を行いましたが、必ず誰しもが切開をするわけではありません。
私のように赤ちゃんの頭が大きかったり、会陰の伸びが悪かったりした場合、切開した方が裂傷を抑えられると判断したときに行います

 

出産後、裂けた部分を医療用の糸で縫い合わせるのですが、最近では抜糸の必要のない身体に吸収される糸を使う産院が多いようです。

 


 
TOP 妊娠検査薬の基礎知識 フライング検査のススメ 仲良しのベストタイミング 妊娠力をアップしよう