妊娠検査薬のことなら

Q本陣痛の痛みに意識が遠のく

 

陣痛促進剤の点滴を始めて約4時間後、
その時はいきなりやってきました。

 

それまで生理痛程度のお腹の痛みだったのが、
ほんの30分くらいの間に息ができないほどの激痛に変わったのです。

 

お腹の底から痛みがズッドーーーーーンとあがってくる。

 

痛みを例えるなら、

 

下痢×1000倍

 

って感じでしょうか。

 

 

看護婦さんがバランスボールやら抱き枕やらを持ってきてくれましたが、気休め程度で効果なし。

 

テニスボールなんてバッグから出す余裕もなし!

 

どの体勢になっても痛いもんは痛い!!!

 

 

陣痛を文字にすると、

 

ズンドコズンドコ・・(徐々に痛みが来る音)

 

ズンドコ!!

 

ズッドーーーーーン(痛みMAX)

 

 

ピタっ・・(あれ?痛みが消えた・・)

 

の繰り返し。

 

 

お腹の底から叩き上げるような痛みが数秒来ると、
ウソのように痛みが消えてしばしの休憩。

 

なるほど、コレが「陣痛の波」か・・

 

と意識が遠のきながら納得していました。

 

その時陣痛は1分間隔。

 

 

さっきまで看護婦さんと談笑していたのに、
この痛み!!!

 

勉強したお産の流れと違う!!

 

 

おそらく私の場合、陣痛促進剤を使ったことで
少しずつ強くなるはずの本陣痛が急激に始まったようで・・

 

しかも既に1分間隔の陣痛なのに子宮口の開くスピードが遅く、

 

なんとまだ4p・・

 

(そして本陣痛のときの内診の苦しみといったら・・;つД`)

 

 

あまりの痛みに様子を見に来た看護婦さんにすがりついて、

 

「行かないでーーーーー!!!」

 

と叫ぶ私。

 

想像を絶する痛みの中、看護婦さんだけが頼りだったのです。

 

絶妙なタイミングでお尻を拳で押してくれ、
背中をさすってくれる!!

 

まさに神!!!

 

 

ちょうどこの時主人が会社から駆けつけてくれたのですが、
ドアを開けて部屋に入り、

 

「どんな感じ〜?!(^^)!」

 

とお気楽に話かけられた私は悶絶の中、
ガン無視。

 

その様子を見て全てを悟ったのか、
それ以降無言で見守っていました・・

 

しかも、この痛みと恐怖の中で頼れるのは看護婦さんしかいない!!と差し出す主人の手を払いのけ、私は看護婦さんと見つめあい手を握っていました。

 

 

そしてそれから3時間。

 

陣痛は1分間隔〜30秒間隔になり、
陣痛MAXの状態のまま私はひたすら耐え続けました。

 

もう、とにかく呼吸だけに集中して耐えるのみって感じでした。

 

いつ、この痛みから解放されるのか・・

 

だんだんと疲れが出始めて意識が遠のき始めた時、
子宮口の開きは8p。

 

「あともうちょっとよーー!」
という看護婦さんの声。

 

あと・・2p・・
ってあとどれだけかかるの・・?

 

この頃の記憶はあいまいで、
とにかく看護婦さんの手を握ったまま陣痛の波に耐えつつ、
何かを叫んでいました。
(あんまり覚えていない(;'∀'))

 

 

そして、意識が朦朧とするなか、

 

急に「パチン!」という音とともに生温かい水が。

 

「○時○分、破水です」
「子宮口全開!」

 

という看護婦さんの声を遠くに聞きながら、
もう頭の中は真っ白になっていました。

 

 

「さぁ、いまから一緒にいきむからねー!
分娩台を上げるよー!
もうすぐ赤ちゃんと会えるよー!」

 

この言葉でハッとしました。

 

もうすぐこの痛みが終わるの?
赤ちゃんに会えるの?

 

 

陣痛の終わりが見えた瞬間、
私は一気に意識が戻ってきました。

 

陣痛促進剤の点滴から約7時間、
(陣痛促進剤の服薬からは約11時間)、
ようやく赤ちゃんに会える瞬間が近づいてきたのです。

 

>>Rいよいよ赤ちゃんと対面の瞬間!!

 

管理人しーママmemo

管理人のイラスト

初産の場合、出産にかかる時間は平均で約10〜12時間程度と言われています。
つまり、最初に陣痛を感じ始めてから子宮口が全開になるまで10時間前後はかかるのです。

 

ただしこれも個人差が大きく、初産にも関わらず4時間程度で出産した人もいれば、陣痛が始まってから3日かかったケースまで。
私の場合、陣痛促進剤の服薬からは約12時間、最初に陣痛を感じてからは約11時間で子宮口が全開となりました。


 
TOP 妊娠検査薬の基礎知識 フライング検査のススメ 仲良しのベストタイミング 妊娠力をアップしよう