妊娠検査薬が陰性なのに生理がこない!どうして?

妊娠検査薬が陰性なのに生理がこない!どうして?

妊娠検査薬が陰性なのに生理が来ないという場合、以下3つの原因が考えられます。

 

【1】 妊娠しているが、妊娠検査薬を使用した時期が早すぎた

 

【2】 妊娠しているが、水分の多量摂取により尿が薄まった

 

【3】 妊娠しておらず、生理不順によって生理が来ない

 

 

まず、【1】について。

 

妊娠検査薬は、受精卵が着床すると分泌されるhCGホルモンに反応します。

 

このhCGホルモンの値がある一定値以上にならなければ、陽性反応にはなりません。

 

もし、妊娠検査薬を使用する時期が早すぎた場合は、日にちを置いて再検査をしましょう

 

確実な結果を知るためには、生理予定日の約1週間後を目安に再検査してみてください。

 

なお、生理周期が安定しておらず、生理予定日がわからない場合は、関係を持った日+3週間後を目安にしてみると良いですよ。

 

 

 

次に【2】について。

 

水分を多く摂取して尿が薄まってしまった場合に、妊娠しているにも関わらず陰性になる場合があります。

 

それは、尿中のhCGホルモンの値が水分によって薄まり、一定値以下になるからです。

 

この場合は、尿の濃度が最も高い、朝一番の尿で再検査をすると良いでしょう。

 

 

 

 

最後に【3】について。

 

妊娠が成立していないにも関わらず、生理が来ない場合は、何らかの原因による「生理不順」が考えられます。

 

生理不順の原因は、ストレスや更年期、子宮の病気など様々です

 

妊娠検査薬で陰性だったのにも関わらず、生理予定日を10日過ぎても生理が来ない場合は、産婦人科を受診されると安心です。

 

早く確実な妊娠結果を知りたい方に

 

 

 

妊娠の可能性がある方必見!

産婦人科医

 

妊娠初期は、胎児にとって重要な時期!

妊娠初期は、脳や神経など胎児にとって重要な器官が作られるとき。
妊娠の可能性がある場合は、妊娠初期の注意点をあらかじめ知っておきましょう。

 

【マグロはNG?!】妊娠初期にダメなもの